カテゴリー: 40代のダイエット

40代の女性がダイエットするなら酵素ダイエットをおすすめする理由

40代の女性がダイエットするなら酵素ダイエットをおすすめする理由

加齢によって代謝機能が低下するため、中年に差し掛かると男女を問わず多くの人が若い頃よりも痩せにくい体質になって来ます。

40代女性の場合、ライフスタイルの変革期がもたらすストレスや更年期に突入しつつあるために生じる体質の変化によって、若い頃と同じ食生活を続けていては太る一方になりかねません。

ダイエットも以前の方法では成果が上がらないどころか、ストレスが溜まってリバウンドしたり、体質に合わない方法を無理して続けてしまうことで体調を崩す心配もあります。

体質の変化に合わせたダイエット法を取り入れることが成功への第一歩

体質の変化に合わせたダイエット法を取り入れることが成功への第一歩

40代の女性は歳を重ねるにつれ、変化した体質に合わせた方法で行うダイエットが成否を分けると言われ、酵素を上手く活用することがそのカギを握ると考えられています。

40代の女性に酵素ダイエットがおすすめと言われる理由の一つに、体内の酵素の働きを高めて代謝機能のアップを図るため、身体本来の作用を活性化する無理のない減量が可能な点が上げられます。

何より食事の量を減らす方法ではないことから、ストレスが溜まりにくいぶん継続しやすいというメリットがあり、体力を低下させる心配もありません。

ナチュラルな方法で行う場合は、熱に弱い酵素を効率良く体内に取り入れるため、可能な限り火を通していない野菜やフルーツを積極的に摂取して代謝機能の向上をはかります。

その結果、美容や健康の維持向上に必要な栄養素を体内にしっかり取り入れつつ、太りにくい体質に近づけることが可能になります。

当然、加熱調理した野菜からビタミンやミネラル類、食物繊維なども摂取する必要もあるため、生野菜やフルーツが7割で温野菜3割が理想とされ、バランスの良い栄養を摂るためその他の食品も食べ過ぎに気を付けて取り入れます。

注意点としては、素材そのままの味が際立つ生野菜やフルーツに飽きないようレシピにこだわる必要があることや、体質によっては生野菜やフルーツの摂取によってかえって代謝機能の低下を招くケースがあることです。

酵素ダイエットに向かない人もいる?

酵素ダイエットに向かないのは冷え性の人で、特にキュウリやレタスなど身体を冷やす作用を持つ夏野菜の摂り過ぎによって身体の冷えが強まり、全身の血流が滞ることで自律神経が働きを乱し代謝機能低下につながってしまいます。

代謝機能がアップできる魅力的な酵素ダイエットですが、日ごろ冷えに悩まされている人は生野菜やフルーツを利用したナチュラルな方法の導入には用心しておくほうが安心で、それでも取り組みたい場合はサプリメントを上手く活用するなど、体質に合った方法を選ぶことが大切です。

Categories: 40代のダイエット

40代の女性が10キロ痩せるためのダイエット方法

40代の女性が10キロ痩せるためのダイエット方法

40代になると、体内に摂り入れた栄養素をエネルギーに変換するために働く代謝機能が、人によって差はあるものの、若い頃と比べて著しく低下してしまいます。

したがって、20代、30代と同じダイエットを行っても効果が小さくなる事実を念頭に置いておく事が重要であり、尚且つ無理をすると体を壊してしまう恐れも高くなっているので、心身に見合う方法を選択する事が前提条件です。

40代でも目標の10キロ減量を達成すべく、難なく継続できるダイエットの方法として挙げられるのが有酸素運動です。ありきたりと思うかもしれませんが、体内に蓄積している脂肪分を燃焼させるためには、最も効果が高い運動なのです。

有酸素運動と言っても色んな方法があるので、自分が楽しんで続けられる運動を見つけましょう。

サイクリングや水泳、ジョギングの他に、普段の歩行よりも少しペースを上げたウォーキングでも十分有酸素運動になります。

有酸素運動を行うためのポイントは、長い期間にわたり続けていく事であり、初めの頃は1週間に数回でも構わないので、心理的な負担にならない事を最優先して続ける事に意識を向けましょう。

体を動かす事が好きではなく、ウォーキングでも負担に感じてしまったり、疲労を感じていて外に運動に出かける事が億劫に感じる時には、室内でストレッチを行い全身の筋肉をほぐすだけでもダイエットになります。

ヨガも立派な有酸素運動の1つ

ヨガも立派な有酸素運動の1つ

同じく運動は苦手であるものの、10キロ痩せるために努力したいという意気込みがある場合には、ストレッチよりも少し体に対する負荷が大きくさせられるヨガにチャレンジしてみると良いでしょう。

ヨガはストレッチと同じようにその場から動かずに様々なポーズを行っていくものですが、常に呼吸を強く意識する上にお腹を大きく膨らませたりしぼませる腹式呼吸が基本になるので、れっきとした有酸素運動に値します。

40代は栄養の消費能力が低下しているという事は、いかに口にする物を吟味させられるのかが重要になり1日に3食分野菜とたんぱく質、炭水化物のバランスが良い献立を作る事はもちろんですが、食事の際に口に運ぶ順番を意識するのも大切です。

お腹が空いているとついお肉などの味が濃いたんぱく質から食べたくなりますが、たんぱく質を最初に摂取してしまうと血糖値が急激に上昇するので太りやすくなり、ダイエットのために行った運動などが打ち消されてしまう恐れがあるほどです。

そこで、食事を摂る時には最もカロリーが小さな野菜から箸をつけるようにし、その後たんぱく質や炭水化物という順番を意識して食事をしましょう。

Categories: 40代のダイエット

ダイエットに取り組む40代女性におすすめの朝食メニュー

ダイエットに取り組む40代女性におすすめの朝食メニュー

40代の女性がダイエットに取り組む場合、ただ漠然と食事をし変えれば良いだけではありません。

人間は、年齢とともに痩せにくくなるため、20代や30代の頃努力だけでは足らないわけです。そこで、40代専用のダイエットメニューを考えて実践する必要があります。

まずは、カロリー計算をしっかり行うことが大事になります。カロリー計算といっても、カロリーを減らすだけでなくバランスよく食べることが重要になります。

ダイエットをしたけども健康を損ねてしまっては意味がないわけで、しっかりとしたバランスを第一に考えつつもカロリーを減らすようにしましょう。

ダイエットをするなら朝はバナナを食べたらいいと言われる理由

可能な限り自然なものを食べるとすれば、朝はバナナなどを食べたらよいでしょう。

バナナの本数は特に決まっていませんが、両方もご飯も食べてしまうとカロリー過多になってしまうため、その点は控えておく必要があります。

食べるスピードも考えておく必要がありますが、急いで食べるようなことはやめたほうがいいです。

急いで食事をすると、十分にエネルギーは連勝されないため体の中にエネルギーが残ってしまう可能性があるからです。

もしそうならば1本話題の時間を計って食べるようにしましょう。特にバナナでなくても良いですが、時間を決めて何分以上かけて消化させるなどといった目標を持つと良いかもしれません。

極端なダイエットは失敗のもと

極端なダイエットは失敗のもと

急激なダイエットは体に良くありませんから、あまり無理をしないような形で行っていく必要があります。

例えばそれまだお腹いっぱい食いたたい人は、ほとんど食べなくなったとすれば今度はリバウンドの心配があります。

リバウンドは急激に食べる量を減らしたときに起こる現象で、今まで食べてた人が食べなくなったときその反動が大きく出てきます。特に、目標体重に対して満足感を得たときには、その人はそこでダイエットが終わってしまう可能性があります。

このように考えるならば、毎日ほんのわずかな量か1週間に1割程度の食事を減らしていくかで調整する必要があります。

昨日大きさが小さくなり慣れてきたら、そう簡単にリバウンドするとはありませんが、それでもやはり油断してしまうと理は運動する可能性があります。

食事をとると同時に、運動することも重要です。運動は激しい運動ではなく1日30分以上体を動かすことが大事ですので、軽いジョギングやウォーキングなどが理想的です。

なおかつ、可能な限り毎日続けられるようなメニューを組むことが必要になります。

Categories: 40代のダイエット